断食 回復食 豆腐

断食からの回復食は豆腐を使ったものにする

スポンサーリンク

断食が終わったからといって、いきなり普通の食事に戻してはいけません。
体に負担をかけるだけではなく、リバウンドを起こしてしまう可能性が高くなります。
断食が終わったら、続けた日数分だけ回復食を食べる必要があります。
回復食は出来るだけ消化によくカロリーが低めのものがいいです。
タンパク質までしっかりととるのであれば、豆腐を活用するとよいです。
豆腐には植物性タンパク質がありますので、体を丈夫にしてくれます。
また、料理の種類も多いので様々な味を作ることができます。
回復食となれば質素で量を少なくする必要がありますが、豆腐ならば飽きることなく食べることができます。
回復食は消化に良いものならば基本的になんでもいいですが、しっかりと栄養のことも考慮しなければいけません。
スポンサーリンク

断食によって、体の中の老廃物が出やすい状態になり健康になります。
断食といっても様々な方法があります。
最初からいきなり三日間やる必要はありません。
一食だけ食べないようにするといった方法もあります。
その際も回復食を取り入れるようにしておくとよいです。
胃が空の状態で、いきなり高カロリーな物や消化に時間がかかるものを食べてしまうと、より多くの栄養を吸収しようとします。
そうなれば、肥満になりやすい体になってしまいます。
断食は体の中の毒素を取り除き、健康に良いものですが方法を間違えてしまうと逆効果になることもあります。
終わった後には、食べるものに気をつけることです。
豆腐ならば比較的入手しやすく、必要な栄養素もありますので利用しやすい食材といえます。
スポンサーリンク